家電製品

ポーランドにおける家電製品の製造は長い歴史を持ちます。
この分野の発展状況は統計数からも見る事ができ、2012年ポーランド統計によると1850万点もの家電製品が製造されていて、これは歴史を塗り替える記録となりました。特にこの中で目立つのは、全自動洗濯機の490万点の製造、これは前年と比較して23%増になります。調査会社Euromonitorによると、「ポーランドはヨーロッパにおける家電製造のリーダーになった」と評価されています。
ポーランドの家電製造組合による統計では、家電分野だけで2万人の雇用者を生み出しています。
ポーランドの立地の良さを生かして、世界的ブランドが工場を建て、家電製造業が発展してきました。多くの企業が輸出向けに製造しています。
ポーランドに工場を持つ外資系企業には以下のようなブランドがあげられます。
• BSH Bosch und Siemens Hausgeraete GmbH
• Electrolux
• Fagor Electrodomesticos Group
• Indesit Company
• LG
• Samsung Electronics
• Whirlpool
発展を支える要因として:
• 家電製造の長い歴史
• 知識や経験のある労働者の確保のしやすさ
• サプライヤーやビジネス
• パートナーの探しやすさ
• 世界的に大きな企業の存在と、その技術の高さ
• 欧州の中心に位置するという地理的優位さ
• 1200万世帯という国内市場の大きさ
• 外国投資を支える様々な公的支援